忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/21 15:33 】 |
英語が話せない人のための勉強法
英単語を真正面から覚えようと思ったら、膨大な量に目がくらみそうになってしまいますが、

単語を英語で解説している英英辞典のように、実は2000語もあれば、大体の説明ができるものです。


Simple Englishは、さらに850語、700語覚えれば十分という研究を発表している論文を元に、

日常会話レベルで必須となるエッセンスを抽出。





中学校3年生レベルの英語力があれば、簡単に英語を話すことができるようにまとめられています。




具体的なマニュアルの内容については、こちらに詳細な説明がありますので、

ここではいくつかポイントを上げていくと↓のような感じです。





■解くだけで英語が身につくオリジナル問題集

■「完了」か「結果」かを見分けるコツ

■the をわざわざ日本語へ訳す必要などないパターンでの冠詞の使い方

■グループ、チーム、家族のまえに使う冠詞について






酒井一郎さんのホームページには、Simple Englishを実践した人たちの体験談が紹介されています。



英検2級の2次も無事合格することができました

予想以上にスムーズに会話ができ、正直驚きました。

子供英会話の先生になれました。

ものおじせず自然に英語を使えるようになりました。









彼らの声にあるように、中学校や高校でやってきたようなやり方の延長で学習をしてしまうと、

苦手意識が強まるだけで、どれだけ勉強を続けても効果はほとんど現れません。


しかし、考え方を改めて、知識を詰め込むやり方ではなく、理解していく方法にきりかえると、

あなたも↓のようになることができます。






■映画やニュースの音声がハッキリと聞こえるようになる

■相手に伝えたいことを英語で話せるようになる

■日系人に間違えられる

■英会話教材がいらなくなります

■英語の勉強が楽しく感じるようになる









努力の割にはほとんど身にならないやり方はやめて、最小の勉強時間で短期間で結果の出せる学習法を試してみるにはこちら








手の多汗症
サッカー戦術
視快研 田中謹也
PR
【2011/06/07 08:46 】 | 英語 教材 おすすめ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>